漫画を読むなら紙本?それとも電子書籍?あなたはどっち派なのか!

私はものすごく漫画が大好きです!
家の中は本のジャンルは様々置いてあり、少年漫画・少女漫画などなんでもOKです!
しかし、最近はネットが流行しており漫画を「電子書籍」で読む方が増えています。
電車やカフェなどで頻繁に目にするようになった電子書籍。
そんな電子書籍と一般的な本屋さんで売られている紙本ですが購入するならどちらの方がお得なのでしょうか?
そこで電子書籍と紙本のそれぞれのいい点・悪い点を比較しながら自分はどちらの方が合っているのか見てみましょう!

 

あなたは「電子書籍派」?それとも「紙本派」?

電子書籍の良い点

漫画を読むなら紙本?それとも電子書籍?あなたはどっち派なのか!

安く購入できる

一般的な紙本の漫画と比べてみると少し安く購入する事が出来ます。
例えばAmazonでワンピースの1巻のお値段を比較してみると驚きの結果が出ました!
漫画を読むなら紙本?それとも電子書籍?あなたはどっち派なのか!漫画を読むなら紙本?それとも電子書籍?あなたはどっち派なのか!
なんと20円も安く購入する事が出来るのです!
漫画は人気になっていくと10巻、20巻は当たり前のように沢山増えていきますので1冊安く購入できるということは漫画好きには有り難いことなのです。

 

また、セールとかもあるので更に安く購入できる点も良いですね!

 

在庫切れがなく読みたい時にすぐに読める

これは電子書籍の良い点の1つとして挙げられていますね!
紙本の場合だと近くのお店まで行って購入しに行かなくてはいけませんし、ネット注文でも届くまでにまる1日掛かりますのが欠点です。
しかし、電子書籍ならネットでkindleの本を注文するだけで後はkindleの端末が注文をすぐに認識してダウンロードを自動的に開始してくれます。
ダウンロードもあっという間に完了するのでストレスを感じることなく読みたい漫画をすぐに読んで楽しむことが出来ます。
また、最新刊の発売日でも誰よりも早く読むことが出来ます。

 

本の収納に困らない

紙本の漫画を購入し続けていると部屋全体が埋まるほど集めてしまうことがあります。
私もお気に入りの本はなかなか手放せなくて部屋が漫画の本で埋め尽くされています、、。
まぁ私は周りが漫画の本で囲まれていることに楽園だと感じていますけどね(笑)

 

そんな憧れを持つ方もいると思いますが実際に本棚を購入しても1つじゃ足りないなんてこともあります。
しかし、電子書籍ならすべてタブレットの中に購入した漫画が全て入っているので購入しても場所を取りません。
存分に漫画を購入し続けていても大丈夫です!

 

長年保存しても漫画が汚れる心配もない

紙本では埃や湿気を注意しながら定期的なメンテナンスが必要になりますが電子書籍ならそんな心配はありません!
全てタブレットの中に入っていますし、紙のような劣化で汚す心配もありませんので安心して読むことが出来ます。

 

漫画を読むために場所や時間に縛られない

電子書籍では読みやすくするために機能にこだわっているので夜でも場所をこだわらずに漫画を楽しむことが出来ます。
電子書籍では文字の大きさ・明るさ・など簡単に設定しやすいので読み手に取って好都合のものばかり備わっています。

 

 

電子書籍の悪い点をまとめてみた

・充電しないと読めない
・紙本のように漫画を売ることが出来ない
・紙本のように感触や独特のニオイを感じることが出来ない
・違和感がある

 

小さい頃からなのか紙の本に慣れてしまっているため使い慣れていないスマホやタブレットなど違和感が残るでしょう。
また、電子書籍はダウンロードをしてしまうと削除しない限り消えることがありませんが紙本のように売ることも出来ませんし、本の感触や独特のニオイを楽しむことが出来ないことを残念がる方もいると思います。

 

しかし、多少の違和感などがあると思いますが慣れれば電子書籍の方が楽でいいかもしれません。
漫画の本を売ることは出来ませんがそれでも十分に楽しむことが出来すでしょう!

 

紙本の良い点

漫画を読むなら紙本?それとも電子書籍?あなたはどっち派なのか!

続いて紙本の良い点についてみていきましょう。
先ほどまで電子書籍の良い点についてまとめてみましたが、紙本には一体どのような優れている点があるのでしょうか?

 

漫画の本を売ってお金に換えることが出来る

本好きの方にとっては沢山本を読むのでその漫画を購入するためには馬鹿に出来ない金額になります。
近くのお店で適当に売れば2,3割ほどでしか売れることが出来ませんが様々な売却方法をうまく利用していけば半額のお値段で売れることが出来ます。
少ない買取金額でもお金に換えられる点は紙本の便利な点だと私は思います。

 

集めることの喜びを持つことが出来る

紙本だと本棚は必要ですし、置くスペースも必要になりますが自分が今まで読んできた漫画の本を見渡すことや集めることに喜びを感じることがあります。
実際に私もそう感じます!
なんというか私の場合は「この漫画の本を手元に置いてあるよ」みたいな感じる方は少ないかもしれませんが自分は持っているんだぞ!という喜びがたまらなく好きですね。
その他にも今まで集めてきた漫画の本には過去の自分と現在の自分の繋がりがあるんじゃないかと思う時もあります。
イマイチ何言ってんだろこの人と思ってしまうかもしれませんが今まで集めてきた漫画の本を持っていると、これまでの自分の人生が有意義であったんだと自分に知らせてくれるような感じがします。
とにかく私は漫画を持っていることで幸せな気持ちになれます。

 

子供の頃から使い慣れている

小さい頃から絵本や教科書で読み慣れているので本といえば紙で出来た本だと昔から教えられてきたので使い慣れてきています。
最近では授業でもタブレットを使用して勉強している学校もありますが私的には使い慣れている紙本の方が良いですね。

 

コンパクトで持ち運びに便利

漫画だけではなく小説などは読むためのものなので持ち運びには便利です。
カバンなどからすぐに取り出せるのは紙本の便利な点だと私は思います。

 

目を悪くしないし、酔わない

これは個人差がありますが電子機器を見ていると酔ったり目を悪くするといったトラブルを起こすことがあります。
最近ではブルーライトカットメガネもあるので目を悪くする心配はありませんが電子機器で酔うことが多々あります。
しかし、紙本なら紙ですので明るい場所でさえ読んでいれば目を悪くなる心配もありませんし酔うことも少ないです。

 

紙本の方が記憶に残りやすい

コチラは紙本と電子書籍を両方読んでいる方は何となく感じることです。
例えば勉強をする際もスマホで打ち込むよりもノートを開いてペンで書いて覚える方が覚えやすくありませんか?
ネットで調査したら紙本と電子書籍で同じ本を読んでみて暗記をするという実験があり結果的に紙本の方が点数が良かったという結果が出ています。

 

紙本の悪い点をまとめてみた

・持ち運べるけどせいぜい1,2冊程度
・定期的なメンテナンスが必要
・本棚や置くスペースが必要になる
・電子書籍よりも費用が掛かる

 

紙本で一番厄介なのが漫画を置くスペースです。
大人になって一人暮らしをすると余分な部屋を漫画部屋にすることが出来ますが高校生以下の実家暮らしで兄弟姉妹が多いと置くスペースが限られてきますし、それほど大量の漫画の本を購入するお金がありません。
例え1冊ジャンプ作品なら400円程度で購入できますがそれでも10冊、20冊となるとそれなりの高額になります。
それに本はそのまま何もせずに放置していると年月を重ねるごとに汚れていきますので定期的なメンテナンスが必要になりますメンテナンスというのは埃を掃除したり、月に1回程度風通しをするなどのことを指します。

 

このように漫画の紙本では面倒なことが多いですがそれでも漫画を管理することを楽しんでいる方もいます。
以上が電子書籍と紙本の良い点と悪い点をまとめてみました。
どちらもそれぞれ良い点もあれば悪い点もあります。
どちらに選ぶにしても漫画の内容自体は変わりませんので楽しい漫画ライフを満喫してくださいね!